不動産と人間の歴史について

不動産と人間の歴史について

不動産と水が関係している3つの理由

水というものは、明らかに私たちの生活にとっては必要不可欠なものです。私たちが生きていくためには、まず間違いなく水が必要です。人間は水分を摂取しなければなりませんし、掃除や洗濯など色々な局面で水が必要になってくるものです。ところで、その水というものは不動産の物件とは非常に大きな関係があります。私は水と建物というものは、主に3つの理由で関係していると思います。

まず1つ目は、水道です。住宅というものに対しては、ほぼ確実に水道が引き込まれているものです。その水道は私たちの生活には非常に重要です。また住宅のメンテナンスなどを行う時にも、水道はとても大事なものです。2つ目ですが、雨です。建物は、雨から人間を保護してくれるものです。大雨が降っていても、住宅の中にいれば人間は安全です。つまり住宅というものは空から降ってくる水から、人間を保護してくれる役割があるわけです。そういう意味でも水と建物は関係しています。3つ目ですが、川に近い物件などが有るという点です。不動産の広告の中には、「川に近い立地なので非常にメリットが大きい」という点をアピールしているものも見られます。そして、もちろん川には水があります。その意味でも、住宅と水は大きな関係があると言えます。以上の3つの理由で、水と不動産というものは密接に結びついているものと私は思います。