不動産と人間の歴史について

不動産と人間の歴史について

中古の不動産の値引き交渉と手付金について

中古の不動産は、新築マンションや建売物件と異なり、タイミングが重要です。希望の立地で、中古や戸建が出るのを待っている人もいます。中古で売りに出していても、それを取り壊して、新築を建てたいという人もいます。中古の取引の場合、値引き交渉が入ることが多いですが、値引きが成立するのは、3か月以上売れていなかったり、反響が全然ない場合です。人気の地域や、売りに出したばかりの物件では、値引きがないことが多いです。執拗に値引きを要求すると、逆に断られることがあります。値引き交渉をするときには、値引きが当たり前と考えずに、まずは営業担当者に、リフォーム等でほかにお金がかかるので、その分まで、価格が下がらないかなど、具体的な金額と根拠を提示して、価格交渉しましょう。

不動産は、一旦契約書を交わすと、売り主は、手付金の2倍、買い主は手付金を相手に支払わなければいけません。例外として、住宅ローンを利用する場合、住宅ローンの審査が下りなければ、白紙解約することができます。これを悪用する不動産会社もおり、とりあえず、申込みをして、その物件を押さえて、住宅ローンが下りなかったといって、断ってくる担当者もいます。売り主は、手付金をもらっても、最後の取引までは、手付金をそのまま持っておいた方がよいです。