不動産と人間の歴史について

不動産と人間の歴史について

不動産で屋上緑化を助成する制度

狭小住宅では、一戸建てながらほとんど庭はありません。自動車を置くところも舗装してしまっているので地面は見えないです。庭に憧れて一戸建てにしたいと思いながら、庭を得ることはできませんでした。マンションと比較すれば、周りに迷惑をかけにくい、管理組合などの参加の必要がないなどのメリットはありますが、庭でガーデニングをしたいと思っている人もいるでしょう。そういった人にとっては少しでも庭があったらと思うかもしれません。

緑といいますと庭にしか作れないと思うかもしれませんが、庭以外にも緑を設置することはできます。それが屋上緑化になります。屋根の部分を屋上にするのです。ただの屋上にすると、3階の屋根の部分が夏に非常に暑くなってしまうことがあります。ヒートアイランドを進めてしまいます。そこで、屋上緑化にすることで、暑さを和らげる事ができるとのことです。その家自体の暑さもありますし、街における効果も期待できると思います。しかし費用はかかります。

特にヒートアイランド対策をしようとする自治体においては、不動産において屋上緑化を設置しようとするとき、一部のお金を助成してくれる制度があります。屋上に庭が作れて、助成もしてもらえるので、狭小でも夢は叶います。