不動産と人間の歴史について

不動産と人間の歴史について

不動産取引の流れについて

不動産を購入する際に知っておく事柄があります。住まいの販売形態は大きく分けると二つに分けることができます。一つは分譲物件でもう一つは仲介物件です。分譲物件とは、不動産会社から直接買うことのでき物件であり、一般的に、販売戸数の多い、新築一戸建てや新築マンションなどが、分譲物件といえます。一方、仲介物件は、不動産会社が売主の依頼を受けて、窓口となり販売している物件を指します。中古物件や販売戸数の少ない新築一戸建てが仲介物件となります。

分譲物件を買う場合、購入希望者は、まず自分の希望を整理しておき、次に予算を決めます。それから、希望条件と予算にあった住まいを探します。その後、モデルルームや物件を見学します。物件の購入条件を確認し、資金計画を立てます。そして、不動産の売買契約及び、ローン契約を結びます。ここで、晴れて、物件の引渡しがあり、不動産の登記手続きを行います。

仲介物件を買う場合は、希望条件と予算を決めたら、不動産会社に住まい探しをお願いします。不動産を紹介されたら、見学に行きます。気に入った物件に巡り会えたら、不動産会社に仲介を依頼します。そして、資金計画を立て、購入の申し込みをします。その後、不動産の売買契約、ローンの契約を結び、物件の引渡しとなります。

おすすめ情報