不動産と人間の歴史について

不動産と人間の歴史について

不動産と新陳代謝と時代

不動産というとよく思うことがあります。それは、今後余った土地にどのような物ができるのか、ということです。これは、おそらくお店やマンション、一軒家が多いと思います。また、これは地域によっても違うかもしれません。最近は、私が住んでいるところには新しく出来ている建物が多いです。そのため、とてもキレイになってきています。先日も新しいお店ができていました。コンビニもまた増えるようです。このようなことから、とても便利な街になってきています。あまりにも変化が早いので、以前の状態を忘れてしまいましたが、それでも個人的にはいい方向に進んでいると思っています。このように時代がいい方向に流れていけば、新陳代謝が進み、よりよいものだけが残る時代になると思います。

私が住んでいるところは、とても田舎なので、まだまだ時代が遅いところもありますが、これだけ新しい文化が入ってくると、変わらざるをえないのではないでしょうか?このようなことから、不動産は、新しい時代を作るものだと思っちます。今ある土地に、よりよいものが作られると、とても幸福感が増していくように思っています。これからも、どのようなものができるのか楽しみにしています。