不動産と人間の歴史について

不動産と人間の歴史について

不動産購入時に必要になる印紙税

買い物をしたときにレシートをもらうことがあります。販売店によっては、そのレシートに何かが書かれていることがあります。印紙税についてはある税務署と取り決めをして省略をしていると記載されていました。領収書に関しては、必ず印紙を貼ってもらって消印をしてもらう必要があります。内容に関しては特に問題はありませんが、税金がかかることを知っておく必要があります。購入者が負担する場合もあれば、売る側が負担することもあります。

不動産を購入するときに、色々と契約書を作成することになります。このときに必要になるのが印紙になります。印紙に関しては、どのような書類に必要になる、金額によって必要になるなどの取り決めがあります。それに応じて添付して消印をすることになります。切手のようにただ貼っているだけでは意味がありません。もし貼られていなければ、税金の払い漏れになってしまいます。後で払うよりも、先に払っておいたほうが良いでしょう。

こういったことについては、業者の方が知ってくれています。ここに印紙を貼ってくださいと指示されますから、そのとおりにすれば問題はありません。もちろん自分でそういった知識をみにつけて置くのに越したことはありません。