不動産と人間の歴史について

不動産と人間の歴史について

不動産を取得するときにかかる税金

自動車を購入するときには車両本体だけでなく税金もかかってきます。車両自体が数百万することもありますから、数パーセントが数万円、数十万円することもあります。税金にも幾つか種類あって、自動車特有のものもあれば、いろいろなものにつく消費税も必要になってきます。こういったものの税率が上がると負担も大きくなります。税率については上がることもありますが、軽減措置が取られることもあります。期限があったり、延長されることもあります。

不動産を取得するときにかかる税金として、取得税があります。こちらについては、土地と建物でそれぞれ違ってきます。また、住宅の場合は新築か中古かでも変わってくることがあります。基本的には固定資産評価額に対して一定のパーセンテージがかけられる形で算出されるのですが、特例措置が設けられることがあります。その時には細かく設定が変わってくるので、このことから新築と中古のどちらにしようか迷うことがあるかもしれません。

土地を先に取得して、その後に住宅を建てようとすることがあります。土地のままにしていると税率が上がってしまうことがあります。早めに建てるようにしなければいけません。色々事情があって建てられないこともあります。

おすすめ情報