不動産と人間の歴史について

不動産と人間の歴史について

不動産仲介の仲介手数料と消費税

中古物件や土地などの不動産を購入するときは、不動産業者を介して購入することが多いです。個人対個人の取引の間に入って、契約書などを作ることを仲介業といいます。仲介で購入する場合には、仲介手数料が、売り主、買い主両方に発生します。仲介手数料の上限は、売買価格によって、決まっています。400万円超の場合は、売買代金の3%+6万円となり、これに消費税がかかります。ほとんどの不動産会社が、上限の仲介手数料を請求します。紹介の場合などは、手数料を値引きしてくれることもあります。

今、消費税が上がるので、住宅を購入しようという雰囲気ですが、それは、新築物件の場合です。新築物件は、販売価格に消費税がかかるので、例えば3000万円の新築を購入すると100万円弱の差が出ます。中古の場合は、仲介手数料に消費税がかかるので、3万円くらいの差になります。家を購入するときには、引っ越し代、登記代、新しい家電製品などにも消費税はかかりますが、新築ほど差は出ません。中古を検討している人は、消費税よりも、金利の方を気にした方がよいでしょう。金利が1%上がることで、総支払額は、100万円近くの差がでます。中古でも、少しは消費税の影響は、出ますので、いい物件が見つかれば、消費税が上がる前に購入するに越したことはありません。