不動産と人間の歴史について

不動産と人間の歴史について

不動産において中古の建物の評価は難しい

不動産取引きにおいて中古の物件を取得するのはかなりの目利きが必要となります。土地の価格はある程度わかるのですが、建物の価格はわかりにくいものです。もしもプロを連れていくことができるのであれば、建物に関する鑑定士を連れて行きたいものです。中古の建物の場合には、あとから手直しする必要が発生するパターンが多いですね。表向きにはきれいに見えていてもそれだけでは分からないものです。表面的に見えているところから裏側の見えないあたりまで広範囲に及ぶ場所の現状を確認しないといけないでしょう。特に配管などチェックが必要ですね。できれば本格的に裏側までみてしっかりと評価していきたいところです。

あとから手直しをするといっても広範囲になってくると金額も高くなってきますのでなかなか難しいです。手直しすることで建物の寿命を延ばすことができるのであれば、意外とお得な物件になるかもしれません。大胆なリノベーションをすることによって新築にも負けないような価値を得ることもできるかもしれません。このような大変身を遂げることができるような基礎構造のしっかりした建物ならばお買い得ですね。そういうあたりも見極めて、いい投資をしなければなりません。